読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼん手帳

Twitterの絞りカス

ドンブリ(ドントブリーズ)を見たぞ

もう去年から公開されてるのでバリバリネタバレアリで感想をば。

 

ドントブリーズ、ようやく見に行ける範囲で上映が始まりました。

公開日に早速鑑賞。

 

 

 

 

 

こいつはとんだサイコ野郎だぜ!

 

評判と予告ではちょっとホラー要素をプラスしたおじいちゃん版ホームアローンかと思っていたら、おじいちゃん自身普通じゃありません。肉体的にも精神的にも。

序盤は侵入者絶対殺すマンの、まぁ目的の為なら息をするように人を殺すアクション映画ならよくいるタイプのおじいちゃん。

しかし中盤で異常な娘への未練が露わになってからは恐怖度が増します。

セガールやステイサムに追いかけられるのも怖いですが、イカれたサイコ野郎に追われるのが一番恐ろしい。

地下室での暗闇でのシーンは屈指の緊張感。アリア・スタークなら勝てたかも

 

というか冷凍保存した精子をスポイトで注入して孕ませようなんて、エロ漫画で孕ませシチュに慣れてるおじさんでもドン引き。

リアルに精液再現しなくていいから...(良心)

ただ、盗みに入った三人組が悪いので「助かれー!」と応援することもありません。アレックスはちょっと同情しましたけどね。

そこも脚本の狙いなのか、両方悪人なので最後まで全滅か生き残るか予想がつかずハラハラします。

 

 

老人がサイコ野郎なことに変わりはありませんが、地下室への扉を開けさえしなければ殺されることはなかったのだと思います。

各扉、窓は厳重に閉じられていますから、酔って入っちゃったよは信じてもらえないでしょう。

しかし老人にとって地下の監禁について知られるのがマズい訳です。

地下室の鍵が開けられた=地下の秘密を知られたとも言える訳ですから、口封じに殺してしまわなければならなかったのだと思います。

金を奪われて怒っていたシーンも、あの金はいわば娘の命の代わりに渡されたものなので、奪われるのは耐え難く、怒りが口封じの狂気に拍車をかけたのかも。

子供を産めば解放するとも言っていましたし、通報されて警察に捕まるとかそういうことはどうでもよくて、兎に角娘への異常な固執、娘が産むことが最優先といった行動原理なのでしょう。

勿論想像にすぎませんが、その方がいかにもサイコパスっぽくて個人的には好きです。

 

緊張感とほどよいビックリポイントが最後まで飽きさせず良い映画でした。80分の長さも冗長にならずぴったりな長さかと思います。

ちょっと気になるのは爺さんがあまりにも頑丈な点でしょうか。

ハンマーで殴られても、バールで殴られ地下室に落下しても生きているのは驚異的です。このタフさは一歩違えばギャグになりかねません。

ギリギリOKのラインは保っていましたけど気になる人は多そう。ハンマーではなくツーバイフォー辺りでの殴打なら納得がいくんですけどね。

 

 

 

ちなみに今回の上映、客席に一人(自分)だけでした。

一応公開日で、しかも今日(2/11)は祝日だったというのに...夜7からの上映とはいえまさかの...。

 ドンブリに関しては手書きポップなんかも飾られてて、気合はいってそうだったのになぁ。

 

まぁあまり人気のある映画館でもないんですけどね。以前は人でいっぱいだったんですが、近くに新しい大きい映画館ができてからはそこでは上映しないようなR18指定やTVであまり宣伝していない作品とほんとの大作が中心となっていました。

実際中学生?の頃が最後でひさーーしぶりに訪れたんで人でいっぱいだった記憶と雰囲気が違い過ぎてびっくり。

あまりの閑散さにちょっぴり物悲しくなりました。

 

 

ただホラーで一人はオイシイ条件。

緊張のシーンで咳払いやくしゃみ、ごそごそ音が聴こえたら興ざめもいいとこです。

客入りが心配ですが、今後も人気シネコンでは上映しない作品を取り扱ってほしいものです。