読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼん手帳

Twitterの絞りカス

ストンプグリップを貼りかえる

VTR1000Fを買ってからすぐ貼り付けたストンプグリップなんですが、

ここ数ヶ月で急にズレが生じてきました。

 

f:id:mc33f:20170514095445j:plain

粘着質とグリップの間の粘着力が落ち、だんだんとズレてきているようです。

ストンプグリップ高いので、新しいのを貼るのは迷ったんですがコイツの効果は大きいので8000円更に投資する価値はやはりあるかなと。

 

今回も前回と同じ、VTR1000SP用の物を購入。

透明のタイプで痛い目をみたので、此度はブラックで。

f:id:mc33f:20170514101246j:plain

(この包装の外しづらさはなんとかならないんですかねぇ)

 

 

グリップ部は粘着力が低下しているのでぺリぺリと簡単に剥がれるんですが、

タンクに接している粘着質は指でこすりながらゴム質状のものを剥がしていきます。

紙シールとは違う上曲面のタンクなのでスクレーパーは使えません。

 

40分くらい剥がして表面を綺麗にするのに費やしたと思います。

 

f:id:mc33f:20170514101821j:plain

3年グリップを貼り付けていただけあって、綺麗にするとピカピカ。

残った粘着質を汚れをパークリでふき取って新しいストンプグリップを貼り付けます。

 

ブラックはクリアと違って気泡を気にしなくていいんですけど、その分実際気泡入りまくりなんだろうなぁと思います。

 

f:id:mc33f:20170514102140j:plain

専用品ではないので収まりの悪さは少々ありますが、サイズとしてはピッタリ。

汎用品をカットするのも考えたんですけど凹凸があると思い通りの形には切れません。

 

今回はカットせず貼り付けるために古いタンクパッドも剥がしました。

購入以前から貼ってあったもので非常にカッチリついていて、ドライバでこじってパキッと外しました。

その際に若干キズついちゃったんですけど、どうせ新しいタンクパッド貼るしま、多少はね?

 

VTRも多分今年のシーズンを最後に乗り換え...になるかなぁ

 

 

セイコー5を買ってみた

 

近頃腕時計にちょいちょい興味が出てきて安い腕時計中心に買ってみたりしてます。

仕事が制服なので眼鏡と腕時計位しか変えるものがないのですが、それが違うだけで気分もちょっと変わります。

スーツでもないのでよっぽど目立つものでもなければどんな時計でも付けられるのもいい点です。

 

で、今回中華製を除けば恐らく一番安く買える機械式腕時計セイコー5を購入してみたんです。

 

f:id:mc33f:20170505185020j:plain

 

今更いちいちレビューする物でもないんですけど、結構重いですねこれ。

といってもチタン製や超シンプルなチプカシに慣れてるせいなんですけどね。

 

機械式のチチチチチとした針の動きはやはりいいですね。

店で展示されてる機械式はだいたい止まっていて普段まじまじ見ることは少ないので感動。

 

f:id:mc33f:20170505185625j:plain

付けるとこんな感じ。細い腕にもでかすぎずって感じ。

ちなみに左利きなので時計はいつも右に付けます。

 

手巻き機能が無いので止まると振るなりなんなりして巻かないといけないのが手間のかかるところですが、愛嬌ってことで。

 

これから暑くなってナイロンベルトでは暑苦しくニオイもつきそうなんで、ウレタンベルトに変えたい所です。

冬場はNATOベルトなんかが良さそうですね。