ぼん手帳

Twitterの絞りカス

ビーナスラインに行ってきたので

7/16、三連休の日曜日に日帰りビーナスラインまでいってきました。

当方滋賀県民なのでビーナスラインまでは高速使用で片道およそ350kmの道のりですが、意外となんとかなるもんでした。

 

出発は早朝4時半。

夏とはいえ流石にこの時間はまだ暗いです。

養老SA、駒ケ岳SAで休憩し、8時過ぎ頃に諏訪SAに到着。

お天気はやや曇りで日光こそあまり出ていないのが残念ですが、まま良好。

SAのパン屋で朝食です。

 

時間的余裕はあったので諏訪湖を一周します。

滋賀県民からすると一周十数キロの諏訪湖は小さいものです。

 

f:id:mc33f:20170723173502j:plain

 

日曜ということで湖畔はランニングしたり、草野球したり、なんとも平和な雰囲気でした。

 

諏訪湖を周ったらいよいよビーナスラインへ。

192号のうちはまだまだただの山道。白樺湖の日本一標高が高いコンビニで休憩し、

雑誌等でもよく見る霧ヶ峰をはしります。

 

f:id:mc33f:20170723171857j:plain

 

ひじょ~に涼しくて気持ちがいい!!

7月とは思えない気持ちよさです。

路肩に駐車して風景との写真もおさめたかったんですが、車も多かった為流石に遠慮。

日曜日なので仕方ナシ。

何より40号側が車山肩駐車場に車が入りきれず、もう出るのか入るのかぐちゃぐちゃの大渋滞。

霧の駅から3kmが車列で埋まっていました。霧の駅に向かうこちらの車線も途中でFitが謎の事故(よそ見かな)。

流石休日だ...。

 

霧の駅では土産に「雷鳥の月曜日」というものを購入。

自分でもいただきましたがなかなかうまいんですこれ。

 

f:id:mc33f:20170723181207j:plain

小腹満たしに鳥串も。あぁ幸せなぼっち。

その後美ヶ原までビューン。

 

途中三峰大展望台に立ち寄り

 

f:id:mc33f:20170723175727j:plain

 

f:id:mc33f:20170723175744j:plain

 

360度見渡す限りの山々です。

 

このあたりの標高からVTRが音を上げ始めます。

スロットルを開けてるうちはいいですが、オフにしてクラッチ切って回転数落としてしまうとそのままストールしてしまいます。

美ヶ原に至るまで前を走っていたマスツーリンググループは非常に遅く、コーナーで30kmまで減速するというまぁ流石にいかがなものかなペースだったので、なおさら辛い登りでした。

 

道の駅美ヶ原高原へ到着しの麻の葉でそばの昼食。

だが店に入るまでの列と注文してからの待ちで40分くらいかかりました。

うぬぬ、流石日曜日。(そばはおいしかった)

昼食後はTwitterのフォロワーさんと合流し、小一時間駄弁り帰路へ。

 

正直このころはまだ体力は余裕でした。

ビーナスが涼しいというのもあり、体力を奪われなかったからでしょうか。

 

だが諏訪まできて気温の違いにごっそり体力を奪われました。

下界はこんなにも暑かったのか...!?

しかも諏訪ICまでの渋滞...くぅ~疲れました!これにてツーリング終了です(現実逃避)

 

 

.........

 

 

4時半頃帰路につき、帰宅は11時となりました。なんとか日付の変わる前には帰って来れましたね。

 時間にしておよそ19時間のツーリングでした。

FJRやR1200RTのようなツアラーならまだしも、VTR1000Fではなかなかに辛いもんですね。

ツーリングは無理の無いように、です。

 

初ビーナスはとっても楽しかったですけどね(*^^)

 

 

おまけ

f:id:mc33f:20170723182120j:plain

霧の駅で買った諏訪ご当地キャラの岡谷まゆみフィギュア

あえて諏訪姫を外すその選択...! 次は諏訪姫買いますよってに

 

お盆はどこにいこうかな

 

ではでは

ハイスクールフリートOVAを見たので

はいふりOVAを見た

 

今更ながらはいふりことハイスクール・フリートOVAを見ました。

 


f:id:mc33f:20170719074003j:image

TV本編の後日譚は嬉しいですねえ。漫画は前日譚、ノベル(いんたーばる)は本編外伝ですし。

やはり物語が次へ進む、というのは続編期待勢としては高まります。

 

 

 

さて、OVAは本編一月後の晴風乗員のお話。

休暇の日常話かと思いきや、晴風クラス解体の噂が。

ココちゃんの慌て様や不安感は晴風とその船員に対する想いが顕れていていいですね。

他の科はそれぞれ友達同士って関係がありましたけど、そういえばココちゃんはそういうのありませんでした。

艦長は船員を家族って言ってますけど、ココちゃんにとっては何でしょうか。

彼女は割と危ないポジションにいるキャラクターではありますよね…。

本編では一応皆とうまくやっていましたけど、昵懇の友はミーちゃんで晴風メンバーではないですし。シロちゃんのことをいたく気に入ってますが、現状やや片思いといった所でしょうか。

ココちゃんとしては、やっとこれからって時なんでしょう。

視聴者視点からして、多分ここで離れ離れになると、後々連絡取り合ったりしないレベルの交友関係に見えます。

オーバーがかった一人芝居等々、ココちゃんの抱える孤独感はなかなか大きいのかも知れません。

外伝でも続編でもあれば、ここは見ていくべきポイントかなと思います。

 

その他のメンバーもそれぞれ触れられなかった設定に少し触れた形。

とはいえ30分に満たない中では流石にボリューム不足感は否めませんでした。

まぁ視聴者それぞれ好みのキャラがいるでしょうから、贔屓になりすぎても良くないですけどね。

 

人数が人数だけに、やはりアニメで掘り下げるのは難しいのかも。

これはよく聞かれることですけど、はいふりは本編だけ見た人と漫画等で+αの知識がある人とでは見方が大分変わってくると思います。

このOVAもその一つですけどね。

 

 OVA後編ではクラス存続の為、署名の為のお祭(いつもの)。

署名に関して航海科が真剣に動いていたのが良かったですね。

サトちゃんは一番のお気に入りなので、何の署名かも分からず書いちゃうちょろい一面も見られて満足ぞな。

 

結果としてはクラス解体はやはり噂程度で皆沖風配属になったわけです。

これ、続編も期待できるし、ここで終わっても別に半端ではないラインなんですよね。

ネズミのことは解決してないですけど、問題は晴風の手を離れていますし、それでもやるなら外伝でもいいんじゃないかって思います。

 

はいふりは晴風クラスの成長とか、団結とか、そういう話だと思いますので、2期やるならネズミとは別の問題にぶつからせて欲しい所。

根本的解決はブルーマーメイド本隊かお国に投げればいいですからね。

 

OVA総括としては8部満足って所でしょうか。

先述通り全キャラ出す手前尺不足感はありました。

が、単なるファンディスクではなくきちんとストーリー展開とはいふり本編のシメ&続編の期待を持たせる内容は良かったですね。

 

個人的には、続編を強く希望してます。

そんなところで(^O^)丿